訪問販売を利用する前に特商法を確かめる必要性

安心して利用できる業者を探そう

訪問販売を利用するときは「特定商取引法に基づく表記」があるか確かめ、トラブルが起きないようにする必要があります。最近では消費者トラブルが起きやすく、消費者庁はガイドラインを設けて安心して商取引ができるようにしています。

訪問販売の利用者は高齢者が中心できちんと販売元の所在地や名前、連絡先などを調査し、トラブルが起きれば返品や交換に応じてもらえるか確かめて選ぶことが大事です。

最近では少子高齢化が進み意図的に訪問販売をする業者も多く、お金をだまし取られないよう対策を講じる必要があります。
訪問販売は何も言わないのに来た場合は自己紹介をきちんとしているか確かめ、うまい話があれば断るようにしないといけません。自宅に訪問して営業や販売を行うときは事前に連絡を受けないと迷惑行為になり、アポなしで北場合は断らないとリスクが高いです。

信用できる業者を探そう

高齢者はわざわざ店に行くことが難しくなり、通信販売または訪問販売を利用する傾向があります。
特商法は販売を行う行為に対して設定され、違反をすると罰則規定があると認識しルールを守っているか確かめて利用することが大事です。
特定商取引法に基づく表記は訪問販売の業者がアポなしで来た場合は口頭で紹介する傾向がありますが、なければその場で利用しないようにする必要があります。

また、怪しい相手で勧誘がしつこいと消費者庁や警察に報告すると伝え、安易にセールストークに乗らないようにすることが大事です。
訪問販売を利用するときは事前に業者に関する情報を確かめ、トラブルが起きないようにすると今後の生活に役立ちます。

セールストークには気をつけよう

最近では訪問販売によるトラブルが多発し、安易に誘いに乗らないように注意しないといけません。セールストークは通常の価格よりも大きく値引きしていることをアピールしますが、実際には割高になるため信用しないようにすることが大事です。

また、クーリング・オフや返品や交換などを受け付けていない場合は絶対に詐欺にあうリスクがあり、怪しいものはすぐに断るようにしないといけません。
セールストークは商品を高く売りつけるために行い、強引に迫ってきた場合はすぐに消費者庁や警察に伝えると言えばそのまま帰って行く傾向が強いです。

訪問販売の業者は特商法を理解していれば不正行為を行わないため、アポなしで来ることはなく事前に連絡をするため見分けると安心できます。